格安スマホ・SIM

格安スマホと格安SIMとは?SIMについて分かりやすく解説。

編集長
編集長
毎月のスマホ料金を下げたいと考えだした貴方なら、格安スマホに乗り換え…という選択肢も考えていると思います。
ここでは、話題の格安スマホや格安SIMの基礎知識について分かりやすく解説してまいります。

格安SIMが安価に提供できる仕組みについて!

まずはじめに、そもそも格安SIMとは何かということについて基礎の基礎の部分から解説していきましょう。格安SIMがなぜ安価に提供できるサービスなのかよく分かると思います。

そもそもSIMカードとは?

※管理人が乗り換えたワイモバイルのiPhoneSEへUSIMカードを差し込んでいるときの写真。


「格安SIM」の解説をする前に、まずそもそも「SIMカード」とは一体なんなのでしょうか。SIMカードとは、携帯電話やスマートフォンに挿す通信チップのことです。この通信チップには、契約している電話番号やデータ通信プランの契約情報が記録されており、このチップのおかげでスマホで通話やインターネット検索ができます。

今手元に持っているスマートフォンから、試しにこの通信チップを抜いてみたらどうなると思いますか?

あなたのスマホがWi-Fiにつながっていなければ、天気予報を確認したりメールを送ったりすることもできなければ、もちろん通話もできません。SIMカードはスマホの心臓みたいなものと言っても過言ではありません。

SIMカードの大きさは3つある

さて、このSIMカードには大きさの異なる3つの種類があります。まず「標準SIM」と呼ばれる通信チップで、15mm×25mmの比較的大きいサイズのSIMカードです。ここ数年で発売された機種ではほとんど採用されていない比較的古い方のSIMカードです。

「microSIM」は12mm×15mmという比較的小さいサイズのSIMカードで、Androidスマホなどはこの規格のSIMが採用されていることが多いと言われています。

「nanoSIM」は8.8mm×12.3mmという小指の爪よりも小さい規格のSIMカード。型の新しいAndroid機種で採用されている事もありますが、どちらかというとiPhoneメインで使われている事が多いです。iPhone5以降全てのラインナップでこのnanoSIMが採用されています。



これら3種類のSIMカードからどれを選ぶかは、使うスマホがどのSIMカードの規格に対応しているかによって変わります。SIMの契約前に使う端末に対応しているものかしっかり確認しておきましょう。

格安SIMはなぜ「格安」なのか?―格安SIMの正体

さてこのSIMカード。ドコモやauで契約するSIMカードは「格安SIM」とは言われないのに、どうしてUQや楽天のSIMカードは格安SIMと呼ばれているのでしょうか?

格安SIMと格安SIM以外のものを区別するのは、提供する通信事業者が自社で通信設備を持っているか否かによって区別されます。

詳しく解説します。

一般的にドコモやauなど大手通信事業者と契約するSIMカードは、自社の通信設備を使って通信サービスを提供しています。ドコモだったらドコモが、ソフトバンクだったらソフトバンクが自前で所有・維持している設備を使って通信サービスを提供する仕組みが一般的です。

そのため、設備維持するためのメンテナンス費用や人件費などのコストの多くが、毎月の通信費に上乗せされており、比較的高い料金設定になっているという秘密があります。

これに対して、UQや楽天などのいわゆる格安SIM事業者はドコモやauの通信インフラを借り受けてサービスを提供しています。そのため、UQも楽天も自社で設備のメンテナンスや人件費にコストをかけずにすみ、その分格安にサービスを提供することができるのです。

格安SIMが「格安」な理由はまさにこの点にあります。

SIMフリー端末とSIMロック端末について

「格安SIMの方が安いのであれば、今使ってる端末はそのままでSIMカードを差し替えて格安SIMに乗り換えてしまおう」と考える方も多いでしょう。しかし、格安SIMにして今の端末に入れても使えないこともあるので注意が必要です。

自由に差し替える事が出来ないSIMロック端末の存在!

ドコモなどの通信事業者が販売している端末は、ドコモ以外のSIMカードは使えないようにロックされています。そのことから通信キャリアで販売されている端末は「SIMロック端末」と呼ばれています。

ただ、2015年の5月から、総務省によって“SIMロック解除義務”が定められるようになったので、一定の条件を満たせば携帯ショップでSIMロック解除ができ、他の通信事業者のSIMカードでも使う事ができるようになりました。

参照⇒日経BPネット

最初からSIMフリー端末を選ぶという選択肢!

そもそも最初からSIMロックのない(=SIMロックフリー)端末もあります。そのようなどの通信事業者のSIMカードでも使える端末は「SIMフリー端末」と呼ばれ、様々なラインナップがあります。

格安SIMにしても今後通信事業者を変えるかもしれない、どうしても気に入った機種が使いたいという方はSIMフリー端末を選んでもいいかもしれません。

格安SIMへ乗り換えて賢く使おう!

編集長
編集長
ここまで格安SIMについて詳しくご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
格安SIMにすれば、毎月の通信費を大幅に見直せる可能性があります。ちょっと小難しく感じる格安SIMに関してですが、当サイトでも紹介しているワイモバイルの様な大手だと安心感もあり私個人としてはオススメです!
【転入】ワイモバイルへ乗り換える時のMNP手続き方法と必要なもの まず、MNP手続きに必要なもの、ポイントを理解する! そもそもMNPとは番号ポータビリティと言われ、一言でいうと電話番号そのままワ...
ワイモバイルに乗り換えると・・・!

ワイモバイルに乗り換えたことで月額10,000円⇒月額3,000円までダウン。スマホの維持費が7000円以上安くなり、「iPhone5」から「iPhoneSE」に乗り換えたことでアプリの反応速度も劇的に向上。リーズナブルで快適な環境を手に入れることができました。

///ワイモバイル公式ページへ///
↓↓↓