iPhone性能

【必見】iPhone5sとiPhoneSEを比較して分かった違い!

編集長
編集長
Y!mobileに乗り換えた人に乗り換え理由を聞いてみると、料金面が安くなる+iPhoneが使えるからという意見を多く目にします。
これは実際に乗り換えた私も同じ理由です。

ワイモバイルで契約できるiPhoneは、「iPhone5S」と「iPhoneSE」の二種類の機種(2017年4月時点)があり、料金面や性能面でどちらにしようか迷っている方も多いはず。

そこでiPhone5sとiPhoneSEを比較して、料金面や性能面の違いについて紹介していきます。

iPhoneSEとiPhone5s変わってくるのは本体代金のみ!

まずはじめに、ワイモバイルで契約することができるiPhoneSEとiPhone5sについて、本体の金額や毎月の料金面での違いについて頭に入れておきましょう。

ワイモバイルで契約するときの値段の違い

一般的にスマホの月額料金は、「基本料金」+「機種分割代金」によって決まってきます。まず抑えておきたいポイントは、ワイモバイルでiPhoneを契約する際の「基本料金」は「iPhoneSE」と「iPhone5s」で全く変わらないという点です。

携帯電話料金プランは複雑で分かりづらいイメージを持っている方が多いと思いますが、ワイモバイルの料金プランはシンプルで明快。この料金プランのシンプルさはワイモバイルが支持されている理由の一つですが、基本的には以下の三つの料金プランだけとなっています。

どのプランも容量が足りなくなったら、追加で500円~必要ですが容量を増やせるようになっています。

「スマホプランS」
基本料金2,980円⇒1,980円(キャンペーン割引後)
月額料金が最も安いプランでデータ通信容量が1GBのライトユーザー向けプラン。
キャンペーンで通信容量が2GBに増量中。

「スマホプランM」
基本料金3,980円⇒2,980円(キャンペーン割引後)
データ通信容量が3GBの標準向けのプラン。
キャンペーンで通信容量が6GBに増量中。

「スマホプランL」
基本料金5,980円⇒4,980円(キャンペーン割引後)
データ通信容量が7GBというヘビーユーザー向け。
キャンペーンで通信容量が14GBに増量中。

どのプランも、10分間以内の通話なら他社のスマホや固定電話に電話しても通話無料の「だれとでも10分かけ放題」という通話プランもセットになっています。

この時点で既にドコモ・auなどの大手通信事業社と比べて金額面で十分安いです。

さらに各プランで1年間は1,000円引きのキャンペーンがあるので、毎月の料金はさらに安くなります。

また、高速データ通信容量(いわゆるパケット容量)についても、2年間限定で各プラン2倍に容量が増量されており、2GB、6GB、14GBと使える特典がつくので、格安スマホに乗り換えてデータ容量が心配な方でも標準的な使い方をされる方は安心して乗り換えてOKです。

iPhoneSEとiPhoneSEのどちらでもおトクな料金プランで使えるのは嬉しいポイントです。
ただ本体価格は両者で異なりますので、毎月の支払総額は少し違います。

iPhone5s
本体のデータ容量は32GBのモデルのみ。
価格は42,876円(税込)
2年かけて毎月24回払う分割金額=1,782円。

iPhoneSE
本体のデータ容量は32GBと128GBのモデル。
32GB=65,340円(税込)、128GB=78,300円(税込)
2年かけて毎月24回払う分割金額=2,700円(32GBを買った際の金額)

iPhoneSEとiPhone5s性能面の違いを徹底比較してみました

iPhone5Sの特徴をチェック

(画像参照:ワイモバイル公式ページ


iPhone5sの発売時期は2013年の9月ながら、以降iPhoneの新機種が出た後も、低価格ラインナップとしての地位を確立しています。
大画面化の進むスマホ業界で、なお根強い人気を誇る4インチのディスプレイサイズは、女性でも片手で持てるコンパクトサイズ。私が運営しているWEBサイトでもアクセスした人を解析ソフトで調べると4インチディスプレイのスマホからのアクセスが一番多かったりします。

CPUチップは数世代前の「A7」と呼ばれるチップで、カメラ解像度は800万画素、モバイルデータ通信は下り最大100Mbpsで無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/nまでの対応と、やはり少し前の機種という印象です。

iPhoneSEの特徴をチェック

(画像参照:ワイモバイル公式ページ


iPhoneSEの発売時期は2016年3月。iPhone5sの後継機という位置づけで、5sのアイデンティティである4インチのディスプレイサイズやデザインはそのままで、性能面が大幅にアップグレードされています。
CPUはiPhone6sに搭載されているものと同じ高性能の「A9」チップ、カメラ性能も1200万画素まで改良し、モバイルデータ通信も下り最大150Mbpsまで対応、無線LANも最新のIEEE802.11acまでカバーしており、かなりの高性能化が図られています。

バッテリー性能も5sと比べて大幅に向上しているので、使い勝手はよくなっています。

性能を比較した時に大きく異なるポイントはコレ!

iPhone5sとiPhoneSEを比較した時に最も異なるのはなんといってもCPU性能でしょう。

iPhone5sに搭載されている「A7」と後継チップでiPhone6に搭載されている「A8」チップでは、CPU性能が25%、グラフィックを処理するGPUの性能も50%向上したとされています。

この「A8」チップからiPhoneSEに搭載されている「A9」チップではさらに、CPU性能が70%、GPU性能も90%向上したと言われているので、その差は歴然。

想像してください、

普通乗用車のエンジンとスポーツカーのエンジンの差くらいの違いです。
アプリの起動や、文章などの文字入力、ゲームなどを快適にしたいならiPhoneSEの方が圧倒的に快適でしょう。

私の場合は、節約したいけど仕事でも使う処理能力など実用性の高さが必要だったのでiPhoneSEにしました。

どっちが良いか…まとめてみると!


結局、どっちの機種を選んだ方がいいのか簡単にまとめておきましょう。

iPhone5sをオススメする人

iPhoneに乗り換えるにあたってiPhone5sをオススメする人は、とにかく本体代金を安く済ませたい人で、処理性能を必要とするゲームや動画編集アプリなどを使わない人です。

通話やメール、SNSなど基本的な機能だけ使えればと考えている方にとっては、iPhone5sはコスパの高い製品としてオススメです。

iPhoneSEをオススメする人

iPhoneSEは、スマホゲームやその他のアプリケーションをカクカクさせず快適に使いたい人にオススメです。先にご紹介したように処理性能が非常に高いので、色々なアプリケーションを使う人に推奨されます。

また、iPhoneSEには5sにはないカラーバリエーション、「ゴールド」と「ローズゴールド」があるので、こちらの2色のどちらかにしたいと考えているならiPhoneSEを選ぶしかありません。

編集長
編集長
私はiPhoneSEを選びましたが、やはり性能面で考えたときにiPhoneSEの方が個人的には断然オススメです。
ワイモバイルに乗り換えると・・・!

ワイモバイルに乗り換えたことで月額10,000円⇒月額3,000円までダウン。スマホの維持費が7000円以上安くなり、「iPhone5」から「iPhoneSE」に乗り換えたことでアプリの反応速度も劇的に向上。リーズナブルで快適な環境を手に入れることができました。

///ワイモバイル公式ページへ///
↓↓↓